何故ヴィーガンなのか?

ヴィーガンになる理由は多くあります。ほとんどの人は幼い時に動物や、動物から作られた食べ物を食べることを教えら、その後人生のどこかでそれらを食べない理由に気が付きます:個人的な健康の理由から、また農業動物や環境を取り巻く倫理的な理由に至るまで、ヴィーガンになる理由は沢山あります。

動物農業は世界の人口の約130倍の排せつ物を出し、他の全ての産業資源より水路を汚染しています。

― 米国観光保護局

1カロリーの植物性たんぱく質を生産するのに比べ、1カロリーの動物性たんぱく質を生産するには10倍の化石燃料が必要です。

- アメリカ臨床栄養学会

環境

動物農業は環境破壊の主要な原因のひとつです。- 生息地の破壊、森林の伐採(そこに住む種類の動物の絶滅も含む)、公害、水の使用、化石燃料を使用することが環境破壊に通じます。 動物が摂取される率を考えると、動物農業は完全に持続が不可能であり、人類が地球環境への影響を削減することに苦労している今日、人々は動物農産業がいかに地球環境に有害であるかを認識する必要があります。

454グラムの豆たんぱく質を生産することと比較して、同量の動物性たんぱく質を生産するには12倍の土地と15倍の水が必要なことをご存知でしたか?まこた化石燃料も13倍必要です。これは驚異的な数字です!見方を変えれば、454グラムの牛肉を生産するのに必要な水の量は、一人の人が1年間のシャワーを浴びるのに使う水の量と同じなのです! 動物から生産されたものを摂取しないことによって、どれだけの資源が節約されるかを想像してみてください。

研究の結果、現在家畜に食べさせている食料は人間  35億人分の食料に値することがわかっています。

- 国際連合

動物農業は、全ての温室効果ガス排出量の18%を占めるのに対し、(車、電車、飛行機、船などの)輸送排出量の割合は13%です。

- 国連食糧農業機関

自動的に字幕が出ないときは、ビデオの下の字幕アイコンをクリックしてください。

自動的に字幕が出ないときは、ビデオの下の字幕アイコンをクリックしてください。

人間の食事を菜食に変えること程人間の健康に利をもたらし、地球上の生き物が生き残る可能性を大きくすることはない。

- アルバート.アインシュタイン  (理論物理学者)

健康

ほとんどの人は肉製品はバランスのとれた食事には必要であると考えていますが、リサーチは益々それが間違いであること、そしてそれどころか、動物食は病気の原因になり得ることを指摘しています。英国栄養学協会は、ヴィーガンの食事法は妊婦、授乳中の女性を含めあらゆる段階の人に適していると述べています。世界保健機関は加工肉を癌の原因と分類し、長期にわたる研究では動物製品を食事から除くことはコレステロールと血圧を下げ、心臓病やある種の癌の発生率の低下につながるとしています。

毎週新しい記事や研究が発表され、植物をベースとしたバランスの取れた食生活が健康に多大な影響をもたらす可能性を主張しています。世界記録を樹立した、または世界チャンピオンになった13人のヴィーガン競技者の例を見てみましょう。http://www.greatveganathletes.com/

「ヴィーガン食生活を始めてから、私は以前にも増して体の調子が良く、強く、速く、そしてより固い決意を持つようになりました。」

デイヴィッド ヘイ(ボクシングで二つの重量クラスの世界タイトル保持者)

「私がヴィーガンである理由は、動物のため、私自身の健康のため、そして地球環境のためです。」

ティア.ブランコ (世界サーフィンチャンピオン)

「筋肉をつけるために動物の命を奪う必要はない。」

デイヴィッド.カーター(ナショナル.フットボール.リーグ選手)

「世界の最強動物はゴリラ、水牛、象、そして僕。皆ヴィーガンだ。」

パトリック.バブーミアン(2011年世界最強の男)


動物農業

代替品の選択肢が多くある今日、動物の体、体の一部やその副産物を食べることは、本質的に残酷な産業を支えることになります。そのような産業はオーガニックであっても、フリーレンジ(放し飼い)であっても、基準やその実施において恐ろしいことを行っています。他の産業と同じく、動物の犠牲のもとに利益が最大化されています。動物が飼われている場所では、鶏のくちばしを切断したり、麻酔なしに尻尾を切断したり去勢したりすることが完全に合法で、「標準的な行い」とみなされています。これらは私たちのペットの猫や犬には考えられない仕打ちです。ほとんどの工場で飼育される動物は太陽を見たことがありません。彼らは狭く不衛生な場所に詰め込まれているために病気になりやすく、抗生物質を与えられることが多いのです。

こうした動物の中には利益にならないものも含まれます。オスの鶏は商品にはならないので、卵から孵ったすぐ後で生きたまま機械にかけられすり砕かれます。これは標準的なことで、その際に起こり得る多くの事故、放置、虐待など動物の苦しみを全く無視した行為もイギリスと日本では完全に合法なことなのです。標準ではない残虐行為に対してはその産業界で定期的な調査は行っています。上記のようなケースはまれなケースと主張する人がいます。しかし、進歩したテクノロジーや、抜き打ちに、また内密に行われた調査でこれらの出来事が非常に一般的であることが明らかになっています。これらの動物が経験することは非人道的であるとしか言いようがありません。

問題は動物に理性があるかどうかではなく、彼らが苦しむかどうかである。

ジェレミー.ベンサム  (イギリスの哲学者  1748-1832)

もし畜殺場の壁がガラスであったら、全ての人はベジタリアンになるでしょう。

ポール.マッカートニー (ザ.ビートルズのシンガー)

Pin It on Pinterest

Share This